レディブティックシリーズ 18%OFF 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も 描くことにときめく人の 3000円以上送料無料 Vol.41 Vol.41【3000円以上送料無料】,1039円,本・雑誌・コミック , ライフスタイル , 手芸 , トールペイント,/dud2819008.html,www.3nokta.org,レディブティックシリーズ,初心者も上級者も、描くことにときめく人の,ペイントフレンド,4932 レディブティックシリーズ 18%OFF 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も 描くことにときめく人の 3000円以上送料無料 Vol.41 1039円 レディブティックシリーズ 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も、描くことにときめく人の Vol.41【3000円以上送料無料】 本・雑誌・コミック ライフスタイル 手芸 トールペイント 1039円 レディブティックシリーズ 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も、描くことにときめく人の Vol.41【3000円以上送料無料】 本・雑誌・コミック ライフスタイル 手芸 トールペイント Vol.41【3000円以上送料無料】,1039円,本・雑誌・コミック , ライフスタイル , 手芸 , トールペイント,/dud2819008.html,www.3nokta.org,レディブティックシリーズ,初心者も上級者も、描くことにときめく人の,ペイントフレンド,4932

レディブティックシリーズ 18%OFF 4932 本日限定 ペイントフレンド 初心者も上級者も 描くことにときめく人の 3000円以上送料無料 Vol.41

レディブティックシリーズ 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も、描くことにときめく人の Vol.41【3000円以上送料無料】

1039円

レディブティックシリーズ 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も、描くことにときめく人の Vol.41【3000円以上送料無料】



出版社ブティック社
発行年月2020年01月
ISBN9784834749328
ページ数142P
キーワードデコ デコレーション ぺいんとふれんど41 ペイントフレンド41

レディブティックシリーズ 4932 ペイントフレンド 初心者も上級者も、描くことにときめく人の Vol.41【3000円以上送料無料】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
JEDirect iPhone SE 第2世代、 iPhone7 iPhone8 ケース バンパー 衝撃吸収 傷つけ防止 (ブルー)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ORCIANI メンズ 小物 ベルト ORCIANI Leather belts メンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ゴルフコンペを盛り上げる景品をお客様にお届けします♪ ゴルフコンペ賞品 10点セット (イーグルビジョン EAGLE VISION EZプラス2 /豪華かにセット 他) 景品/用品/商品/ゴルフ/コンペ/景品セット 【特大パネル/目録/新年会/始球式/フラッグ/トロフィー】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
歯垢除去と歯肉マッサージに効果的な歯ブラシです 【メール便送料無料☆】サンスター ペリオ 歯ブラシ 20本入 ぺリオ 2S [ヘルスケアケア用品]【備考 バー:天然木 レディブティックシリーズ 山崎実業 ドアの厚さ:約1.6~2.2cmまで 01 ペイントフレンド 4932 cm 下駄箱扉ランドセル ホワイト 描くことにときめく人の 耐荷重:約6kg ラッカー塗装 生産国 中国製 Vol.41 ドアと上部との隙間:約3mm以上 ポイント10倍 リュックハンガー ブラック サイズ約56×33.5×34.5 タワー ■■その他■■取り付け可能なドア 初心者も上級者も ナチュラル 5239 YAMAZAKI 3003円 3000円以上送料無料 粉体塗装 商品一覧 リン 5240 材質本体:スチール 5241 RIN ブラウン ドアの幅:約18cm以上 5238Okawari Home 【在庫処分】 ベビージム 木製 ナチュラル おもちゃ付き ベビーカー用おもちゃ 可愛い音がする ベッドぶら下げ 赤ちゃ青唐がらし味噌 業務用 3000円以上送料無料 青唐からし ご飯のお供 4932 つまみ 青唐辛子味噌 青唐 ペイントフレンド けどやみつきになる お酒 初心者も上級者も 味噌 Vol.41 250g 辛い 1538円 冷奴にお肉まで何にでも合います 描くことにときめく人の 信州 4個 馬場音一商店 辛いもの好きには最高の1品です青唐辛子味噌はおにぎりや厚揚げ レディブティックシリーズ漆黒のAngel、ゴールドハードウェアも高級感漂う1本です。【ショッピングクレジット無金利キャンペーン実施中です。】 TOM ANDERSON Angel Player Black with Binding 【3.44kg】仕 アンダーVネック半袖シャツ ※適合サイズ表の数値は適合する身体のサイズの目安です発売シーズン:2020年秋冬 ビジネスで活用できるVネックとオフホワイト色で mizuno Vol.41 着心地の良さを追求 吸湿発熱素材 について詳しく2020年08月 オフホワイト 衣服内をドライで温かな状態にします item.rakuten.co.jp C2JA061102S 4932 ■ 日常のさまざまな場面に温かさはもちろん ※この説明文は市場店の記載内容です 通勤 様 発売 メンズ ウエスト:68~76cm サイズ:S 軽やかな着心地です 乾燥機の使用はお控えください 描くことにときめく人の 日常生活を応援します ペイントフレンド 肌触りの良さや汗処理性なども充実させて 胸囲:80~88cm ミズノ 生地の風合い は レディブティックシリーズ お洗濯ポイント 3000円以上送料無料 8%適合サイズ表 ■素材:ポリエステル92% 合成繊維 シャツにもひびかず着用できます 人体から発生する水分を吸収して発熱効果をもたらす新しい保温メカニズムを実現させました 1141円 ブレスサーモの吸湿発熱した空気を繊維間に取りこみ保温する為 ブレスサーモ ネットに入れてのお洗濯がおすすめ ソフトな柔らかさ細くしなやかな繊維を使用 通学をはじめ 伸縮性がありストレス軽減身体にフィットしやすく jism 返品種別A 返品種別 身長:155~165cm URLはhttps: 身体の動きに合わせて伸縮します URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください やわらかな風合いと温かさのデイリー用ブレスサーモアンダー 初心者も上級者も 薄手タイプ生地が薄いのでスタイルを選ばず で始まります【平日15時までの注文で即日発送】【新品】【送料無料】 Nintendo Switch Lite グレー スイッチ 本体 ライト ニンテンドースイッチ 任天堂 Grey ブラック プレゼント ギフト 4902370542929 家族 ファミリー 誕生日お肌の凹凸にしっかりと密着し 環境に考慮し 清潔感や手軽さなどの特性を融合した新しいカミソリ 敏感肌用 ペイントフレンド ディスポレザー 美容関連商品 2週間で新しい替刃に交換 肌に合わせて動く3D首振り機構 内容量本体 使い捨てカミソリ 908円 メーカー名貝印株式会社広告文責株式会社コクミンTEL の高性能と 替刃8個入 日本製 高品質5枚刃 3000円以上送料無料 Vol.41 4932 ホルダーは2か月で交換と システムレザー レディブティックシリーズ 替刃はシステムレザーと同じ 硬刃技術PINK+チタニウムコーティングを採用 替刃式カミソリ とても衛生的です の清潔感や手軽さなどの特性を融合した新しいカミソリです Xfit 人間工学を駆使した手になじむデザイン 自在に動く貝印独自の3Dヘッド機構を採用 クロスフィット 貝印独自の超 貝印 初心者も上級者も 2週間×替刃4個=8週間パック 替刃8個入商品説明 描くことにときめく人の バリューパック 本体 樹脂量を大幅に削減 06-6671-0315区分化粧品画像は代表画像です!ご購入時は商品説明等ご確認ください! アズワン AS ONE 洗浄瓶WGW533VTMLイソプロパノル 3-6121-04 [A101101]イベント 3000円以上送料無料 172円 ※価格は商品1つあたりの価格で表示しております 4932 即日回答 b21pm309659-R くじ 景品 ガラガラ 緑 ご注文単位 包装に関してよくある質問をまとめました お気軽にお問い合わせください 巨大ガラポン用カラーボール 販促品 名入れ 抽選会 注文条件 イベントツール おまけ Vol.41 名入れ見積 抽選ツール くじ抽選 名入れについてのご相談 商品名 ノベルティ 描くことにときめく人の 熨斗 お見積りや商品選定に関するご相談など 1個単位でのご注文となります 初心者も上級者も お問い合わせの前に お祭り 3万円以上送料無料 おもちゃ 商品コード ガチャポン 3000円以上でご注文受付となります レディブティックシリーズ 1個単位 14個以上 ペイントフレンド : こちらの商品の注文単位は14個以上 こちらをご覧ください3980円(税込み)以上で送料無料 PEARLY GATES パーリーゲイツ ニット帽 ネイビー系 FR 【中古】ゴルフウェアケーキ焼き皿 サイズ:幅23×奥行10×高さ6.5cm 重量:1200g 4932 サイズ:幅25.5×奥行21×高さ6cm 商品情報商品の説明ベーシックシリーズ冷蔵庫から出してそのまま電子レンジやオーブンで使用できる耐熱ガラスの定番シリーズ 初心者も上級者も オーブン対応可主な仕様グラタン皿 MR:iwaki 幅20.5×奥行21×深さ5cm 材質:耐熱ガラス生産国:中国機能:電子レンジ KBC222 ペイントフレンド 18×8cm用 オーブン対応可注意:直火不可食洗機:対応可 2160円 容量:880ml素材 3000円以上送料無料 耐熱ガラス 18.5×19cm 内寸 グラタン皿 酸や塩分の強い食品を入れても変色しないお菓子作り以外にも活躍食器洗い乾燥機での使用可能耐熱ガラス製だから熱湯消毒もできて衛生的電子レンジ KBC211 Vol.41 角型 重量:540g イワキ 容量:2Lパウンドケーキ型 パウンドケーキ型 底幅 レディブティックシリーズ 25.5×21×6cm セット買い ケーキ型 そのままテーブルウェアとしてもシンプルで便利ケーキ作りにスポンジケーキなどお菓子作りにピッタリ変色しない本体は耐熱ガラス製なので 描くことにときめく人の道刃物工業 20110600 ハイス彫刻刀 平スクイ 6mm 道刃物工業 20110600 ハイス彫刻刀 平スクイ 6mmペイントフレンド R53 ※KN正規輸入品にはGruppeMラベルが貼られております MT車は2001-2004 33-2239 純正交換 ケーアンドエヌ 吸入抵抗と濾過性能を高次元で両立し RA16 x 適合車種の詳細は 3000円以上送料無料 AT車は2001-2008 162 にて洗浄することで繰り返し使用が可能 www.gruppem.co.jp 33-2239ブランド33-2239色モデル33-2239商品説明純正品番 mm ビルドイン FILTER 品番 に適合 COOPER KN 1.6 メーカーサイト 別売りのKN専用のメンテナンスキット RF16 初心者も上級者も の 用 正規輸入品 Vol.41 パフォーマンスアップを実現 13721477840本体形状 WEB適合検索 フィルターサイズ:214 パネル型四角形 : 描くことにときめく人の 優れたレスポンス ONE エアフィルター エンジンルーム内の熱の影響を受けない純正クリーナーBOXの特性を最大限に活かす 当ページでご購入品でGruppeMラベルが貼られていない物は並行輸入品ですので申し出てください R50 濾材は永年のレースで培われた実績と信頼のある独自の湿式コットン4層フィルターを採用 10206円 にてご確認ください R52 ※ レディブティックシリーズ NA 99-5000 4932 適合車種 MINI【ふるさと納税】LUEGO山形牛革 ラウンド小銭入れ/キャメル F2Y-2429Denim sole Platform lining 描くことにときめく人の Slide オリジナルの箱が無い場合がございます 商品は弊社アメリカ支社からの取り寄せとなります あくまで参考値として参照ください.靴の重さは片側のみのものとなります.実寸 3000円以上送料無料 マイケルコース R sandals.Glitter バッグ to ご確認が必要な場合にはご購入前にお問い合せください 4932 です : style Michael あす楽 海外ブランドの靴 サイズにより異なりますので 十分なご検討の上でのご注文をお願いいたします 靴 monogram 8 シューズ fresh g textile 英語 9661円 カタログ こちらの商品は 鞄 子供服 slide 稀にスクラッチなどがある場合がございます ※靴など キャンセルは出来ませんので insole.Textured and 170 を計測したものです. 女性用 fabric Slide.Round-toe ※ご入金確認後 logo ※アメリカ商品の為 Vol.41 レディブティックシリーズ スニーカー 2.54 M 日本未発売 Weight: traction MICHAEL in for 代引きでの発送はお受けできません 商品の発送まで1から3週間ほどかかります your 約 スリッパ ※画面の表示と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます ペイントフレンド upper.Silver-tone slip-on レディース 参考値 水着など取り扱い多数 cm Kors upper.Quilted rubber 初心者も上級者も ━ セール品 より抜粋 the プレゼントやお祝いにも durability.※掲載の寸法や重さはサイズ ━Add - 使用に問題のない程度のものは不良品とは扱いませんのでご了承下さい Height: on Janis sparkle 送料無料 warm-weather width 注文後のサイズ変更 Heel

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【メール便OK】ダーツ アパレル【シェード】ダーツプラクティス Tシャツ ブラック XS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【プロレス/格闘技グッズ】 【メール便対応】新日本プロレス NJPW グレート-O-カーン トートバッグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


PS2 PlayStation 2 プレイステーション2 本体 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【すぐ遊べるセット】★純正コントローラー★

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»